FC2ブログ

コーヒースペシャリスト!?への道

日々ペーパードリップに励んでいる? てつのすけの日記です。

珈琲屋さんFile4

20050131181930
大坊珈琲店

地下鉄表参道駅を出て(交番のある方ね)ちょっと上を向くと、でっかい看板が目に飛び込んできます。

細い階段を上がると店があります。店内はレトロな雰囲気で時代を感じさせます。

珈琲はネルドリップで出してます。都会の雑踏をひとときの間忘れさせてくれました。
スポンサーサイト



にがい・ニガイ・苦い!!!

ちょっとだけグチらせて下さい(^^;
先日、とあるお店で珈琲を飲んだんですが、ものすご~く強烈に後味が苦かったんです。出されて香りをかいだ時も「こりゃすごい」と感じたのですが、一口いれて飲み込んだら、波が押し寄せるかのごとく苦味がやってきました。
心の中で『お湯持ってきてくれぇ~(T-T)』とずっと叫んでました。口直しに別の店に行こうとその店の前まで行ったのに、ちょうど閉店時間で断念。(T-T)

帰宅して自分でやったのはいいんだけど、肝心の味見するにも口の中で苦みが蔓延してびみょ~なところが全くわかりませんでした。
もうあの店でストレートで飲むのはやめようっと。(^^;

*店名につきましての問い合わせにはお答えできませんのであしからす。m(__)m

これもありかなぁ~

20050128225335
残業続きでなかなかできなかったので、ひさびさにはりきってドリップしました。(^^)

湯の温度を上げてやるようにしたので味は比較的しっかり出てるんだけど、私自身、納得できるいれ方ができてないんです。

今のやかん、悪くはないんだけど量が一定にはならないし、意図しない場所に湯が落ちてしまうし、キレが悪い(やかんでやっておきながら求めるか?)んで代替できるものがないか探してました。

今日、手近にあったあるもので試してみたんですがキレがよく、やかんより感じよく出てるようでした。何でやったかはもう少し使ってみてから報告しますね。ツッコんでも教えませんよ~(笑)

最近読んだ(見かけた)珈琲本

・「おうちでも楽しめる カフェのおいしいコーヒーの淹れ方」(成美堂出版刊)

よくありがちな本なのですが、なぜ紹介するかというと
「円すいドリッパーでの淹れ方が三つ穴式を差し置いて
写真入りで紹介されている」
んです。(^^;)

業界の著名人が書いたものは別ですが、ほとんどの場合、
三つ穴式での淹れ方のみ紹介してあって、円すいドリッパーの
存在すら載せていないのが多いんです。この本を見つけた時は
そりゃビックリしました。

成美堂出版のHP
http://www.seibidoshuppan.co.jp/new/index.html

・コーヒーが廻り世界史が廻る―近代市民社会の黒い血液
(中公新書刊)

ごたいそうな題名にビビッでしまい(^^;)さらりとしか
見なかったのですが、コーヒーが世界に普及する様子を
歴史の歩みとともに紹介してありました。

中央公論社のHP
http://www.chuko.co.jp/

あっ!それだっ!

20050123222051
豆の在庫が減ったので毎度のごとく『ほしの珈琲』へ。マスター前の席に陣取りいれる様子を観察してました。いっつも「いれるところ」しか気にしてなかったけど、湯の様子も併せて見ていたら、私が思っているほどマスターが湯を冷ましていない事に気がつきました。
高い温度でいれて苦味が出るのを嫌っていたのと、珈琲はきも~ち低めの湯でいれると思っていたので、約83度でやってました。その結果、充分に珈琲のうまみ成分が出ずに「うすっぺらい味の珈琲」になっていたようです。

帰宅して早速実践!湯の温度を少し高めにしていれ始めました。見ていて、もう2つほど気がついた点があったんだけどそれはクリアーできませんでした、やかんドリップの限界かな!?

で味なんですが、昼間同じ珈琲をいれたとは思えないほどしっかりいいエキスが出てました。湯をさしても水っぽくならなかったです。

一つ高い壁を越えられたような気がしてうれしかったです。まだまだ問題山積ですが地道にがんばろっと。

缶コーヒー迷館3

20050122103635
ポッカ オネスティのブラック。

このシリーズは『ローストしたて・挽きたて・いれたて』の3たてによりコーヒーのおいしさを出したそうです。

甘ったるくはないけど・・・少し苦味も感じるけど・・何がねぇ・・缶コーヒーと別物だとはわかってるんだけ、どまだわりきれてないなぁ~(^^;

気がつけば・・・

お久しぶりです。(^^;) 先回の投稿からちょっと!?日にちが
あいてしまいました。いろいろあったりしたんですが、最大の原因は
『遅い時間に珈琲を飲み過ぎると眠れなくなる』というのが
わかってしまったんです。平日は夕食の後に淹れていたのですが、
1杯だけですむワケがなく、3杯くらいやって味見をして
「う~ん」とか「おっかしいなぁ」と戯れ言をぬかしていたんです。

もともとカフェインを取り過ぎてしまうと珈琲に限らず寝つきが
悪くなるのですが、飲み慣れていなかった事もあったようですね。
少し慣れるまで平日は少し減らそうかな?その代わりに休みの日は
朝昼晩と珈琲三昧!?(^^;)

力入れすぎだった?

20050116205640
今日の『コクまろ』ドリップは、今まで豆の量を一回につき二人分ずつやっていたのをあえて一人分に減らしてやる事にしました。

前の日記で「やりやすい」と書いたのに、なぜ戻したかというと、二人分だといれるのに時間がかかるような気がしたという単純な理由です、ミルも楽だし(^^;

最初の注ぎが心配だったけど何とかクリアし、ポタポタ量を減らしてみました。

若干の湯はさしてるけど、やってから始めて『まろ』が出ていたように感じました。三回やったけど多少のバラツキはあったものの、おいしく飲むことができました。

たまにはこんな日もないとねぇ~。

小休止

今週は仕事でバタバタしたり飲み会やらであまりいれてませんでした。やっても苦味がですぎたり、何か物足りないと感じる出来で不満足のうっぷんがちょっとたまってます。(^^;

自分でやるようになって喫茶店に行く事が減ったのですが、気分をリセットしたいとか現実逃避したい時もあるんでたまにふらりと行ったりもしてます。

最近お店に行くと、カウンターに陣取り、ドリップする様子を見るのがクセになってます(見れるところはね)
先日もとある喫茶店でカウンターに座り、まずはドリッパーのチェック。何回か訪れているところなのに、円すいドリッパーを使っていた事を初めて知りました。

ただ今、店で飲む場合は薄い珈琲にしようキャンペーン期間中なので(初めてのお店をのぞく)アメリカンのを飲んだんだけど、香りはするもののやっぱり水っぽく感じました。濃いのに慣れきってるせいもあるのかな~。

夜空に浮かぶもの

20050110205953
知り合いのところで写真のような珈琲を飲ませていただきました。キリマンジャロ100%の珈琲豆を普通挽きにしたものです。ここまでならただのキリマンジャロ珈琲なんですが、どこからか小さな小瓶を取り出し、カップの上でちょんちょんとするとキラリと光るものが落ちてきました。

よ~く見てみると、表面に☆形の金粉が浮かんでいました。今の季節の夜空をカップの中に再現したようで、しばらくの間じぃ~っと見とれていました。

味は酸味が少し強めの香りですが、口に含むとコクと苦味が広がってきます。

全く味には影響しない金粉なんだけど、ロマンチックな気分にさせる演出もたまには悪くないな~と思いました。(^^)

めざせ!?やかんスペシャリスト

20050109224419
昨日のドリップから写真のヤカンに変えてみました。今まで使用していたのは母いわく、「麦茶用のやかん」だったんですが、「別のもあるよ」の一言で変えてみることにしました、注ぎ口が少し小さかったし(^^)

今日はコクまろの自分挽き。ミルをしてると、珈琲の香りだけで満足してしまいそうですが、ここからが本番なわけで湯の温度を見ながらドリップスタート。

ヤカンに慣れてないこともあり、また「どれだけ注げは落ちないか」という問題が再発。慎重にならざるを得ない状況に。そうなると味にかなりひびいてくるわけで、苦い、酸味がいつまでも口の中に残る珈琲が続いています。

変えたヤカンに慣れるのが先か、元のヤカンに戻るのが先か、どっちなんだろうなぁ~(^^;

このあたりらしさ満点の缶コーヒー

20050107214720
三月下旬から開催される「愛・地球博」をモチーフにしたものです。

ひそかにモリゾーじいちゃんのファンの私としましては買わずにはいられませんでした。(ほんとかい)何かにくめないんだよね、あのひょうひょうとした表情に。^^

味は三の次くらいなんで全く期待してないもんね(^^;缶コーヒー飲むと口直しに自分でいれちゃうんだな、この頃。

油断大敵

20050104155521
今日はガテマラとコクまろをいれてみました。ミルの調子は博士(笑)に見てもらってから絶好調で筋肉痛になることもなくなりました。(^^;

最初はガテマラ。慎重にかつ大胆に・・のはずが「あっ!」と声が出た瞬間、ドボッと音をたててやかんから湯が出てしまいました。
いきなりポタポタせずにじょわーっと流れ出てしまいました(泣)最近うまくいってたからちょっと調子にのってたバツかな~。

気を取り直してコクまろをいれてみました。今度は最初に気をつけてやったらいい感じ。落ちずにふみとどまってくれました。o(^-^)o 飲んでみたら先ほどのガテマラとはじぇんじぇ~ん違い、おいしい珈琲になりました。『最初が肝心』を改めて実感した今日のドリップでした。

珈琲屋さんFile3

20050103151010
カフェドランブル

銀座八丁目に店を構える、東京でも老舗の珈琲屋です。

看板に『珈琲だけの店』とあるとおり、メニューにはアレンジを含めてほんとにコーヒーばかりでした。個人的には「卵黄入り珈琲」がすごく気になったなぁ~(^^;

2005年初ドリップ!

20050101220317
元旦からやりましたよ~。今日は、キリマンジャロが中途半端に残りそうだったのでガテマラを若干混ぜて挽きました。

ブログに書かなかっただけで年末に数回いれてたんですが、きっちりの1人分より1.5人分または2人分くらいやった方がミルもドリップもうまくいってたような気がしたんで、今日も2人分でやることにしました。

湯を冷ましてる間に豆を挽いてセッティングしてヤカンの湯を計ってみたら、約83℃だったんで注ぎ開始。

ひとまわししたとこでお、お、落ちてな~い(笑)さらに気をつけながら注いでいきました。いれ終わってそのまま飲んでみたら、いけるじゃん!これは幸先いいドリップスタートになりました。

 | HOME | 

Calendar

« | 2005-01 | »
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

Recent Entries

Categories

Monthly

Recent Comments

Recent Trackbacks

Owner of this Brog

てつのすけ

てつのすけ

カフェ ヴェルディ@京都の珈琲